プラザ高根沢/パシフィックスポーツプラザ高根沢(栃木県塩谷郡高根沢町)

〒329-1206 栃木県塩谷郡高根沢町平田1895
tel. 028-612-3014 fax.028-612-3103
平日/14:45~19:00 スクール休み/休館 土日/休館

ご入会・レッスンはお気軽に

プラザ高根沢/パシフィックスポーツプラザ高根沢(栃木県塩谷郡高根沢町)

2018/11/09

スイミングスクール 13級のお話

 前回の「背浮き」でパシフィックの進級基準、赤帽子が終わりました。

パシフィック13級は「けのびキック、背浮きキック 組み合わせ」です。
赤帽子で行ったことを今度はキックをつけて行います。そうです!いよいよ緑帽子からキックをして泳ぐ項目になってきます。赤帽子のスクール生の皆さんも、まず目標は「緑帽子になること!」かと思います。

13級で行う「けのびキック」「背浮きキック」も呼吸や姿勢が大切です。今、赤帽子の皆さん!しっかり基本を覚えておきましょうね☆

ではキックのお話しです。ポイントは足の甲で水を蹴ります。その為に足首の柔軟性も確認してくださいね。
足首を回す、前後左右に足首を立てたり、寝せたりしましょう。
足の甲で十分にキック出来ているか、プールサイドに腰かけて行いましょうね。
それでは、けのびキックです。ここで大切なのがスタート、姿勢、立ち方ですね。これは赤帽子のけのびで皆さん覚えていますね!
キックは、太ももからしなやかにキックが出来るようにしていきます。膝が曲がりすぎるキックや、足が棒のようにかたくなりすぎても進みません。背浮きキックも同様ですが、背浮きキックの場合も太ももから蹴るのも大切ですが、「下に蹴る」こともポイントです。これは浮力を得るために必要なポイントですね。

最後にけのびキックと背浮きキックの組み合わせです。これは、けのびキックから身体を反転し背浮きキックに繋げることなのですが、なぜ進級基準に必要なのでしょうか。
もっと先の級に進んでクロールの呼吸の時にも使うので…という話も、もちろん正解です。
ですが、実は自分の命を守る級としても13級は大切なのです。夏に川や海で遊ぶことは気持ち良いですね!ですが、楽しい事ばかりではありません。万が一に備えられるのが、けのびキックで進み反転し、背浮きキックをしながら呼吸が出来る。ということです。

水慣れをし、泳ぎを覚える他に「自分を守る為の泳ぎ」も行っています。ですが、くれぐれも1人で川に行ったりはしないでくださいね。今日は13級のお話をさせて頂きました。

また来週も、頑張りましょうね!



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント


FC2Ad